SSブログ

DVD「ハッピーフライト」テイクオフ!〜スタンダードクラス・エディション [DVD]





皆さん、大変ごぶさたです&お待たせしました。
いよいよ本日、DVDとBlu-ray Discで「ハッピーフライト」が再びテイクオフ!します。
矢口史靖監督作品ということで、今回もお声をかけていただき、DVDとBlu-ray Discの制作ディレクターを担当させていただきました。

映画についてご存知ない方は、まずはこちらをご覧あれ!
「ハッピーフライト」公式サイト
http://www.happyflight.jp

昨年11月の劇場公開の前から企画作業をスタート。
DVD1枚組の「スタンダードクラス・エディション」、DVD2枚組の「ビジネスクラス・エディション」、Blu-ray Disc2枚組の「ファーストクラス・エディション」、レンタル専用DVD、さらに先着特典の「ハッピーDVD」と、5アイテムをこの3月一杯までかかって制作してきました。ようやく皆さんのお手元に、手塩にかけて育てた?ディスクたちをお届けできる日が来て、まずはホッとしています。

いよいよ発売を迎えたこともありますので、ここで各ディスクの特徴についてお話をしていきましょう。
まず今回はスタンダードクラス・エディションから。

DVD1枚組のこのアイテム、メインのコンテンツはもちろん映画本編。今回は特に高画質のBlu-ray Discも同時発売ということで、矢口史靖監督は映画製作段階からかなりクオリティにこだわってきました。そのため、フィルムからHDビデオのマスターテープを作成する際にも、邦画では珍しく、オリジナルのネガからテレシネを行っています。

CMや洋画などではよく使用されている方式ですが、これが邦画ではどうして珍しいかと言うと、ひとつにはオリジナル=この世に1本しかないネガフィルムを使用して作業するという意味での安全面の問題から、もうひとつはフィルムの継ぎ目の箇所がポジフィルムに比べて歪んだ映像になりやすいため、その修正作業にかなりの時間とコストがかかってしまうという問題から、です。

こんなエピソードがあります。ある日、メニューデザインのチェックに僕らのスタジオを訪れた矢口監督が、メニューに使用している動画を見て「あ、ポジテレシネの絵だ。これは古いマスターですね。」と指摘してくれたのです。実は上記のような作業を進めていた関係で、その時点ではまだDVD・BD用の最終マスターが完成しておらず、僕らの手元にあったのは劇場公開時に宣伝用に制作した、ポジフィルムから作成した本編マスターだったのです。でも監督はもちろんネガテレシネの映像をご覧になっていたので、その違いにすぐに気づいたわけです。「そんなに画質が違うのかなあ」と、僕やメニューディレクターの小林氏もその時は思ってしまいましたが、後日手元に届いた最終マスターを見てびっくり。コントラスト、S/N感、発色など、明らかに向上していたのです。旧マスターの映像は最終マスターに比べるとやや暗く、色の階調も潰れ気味で、例えば登場人物たちの髪や服の生地の部分がべたっと見えてしまっていました。

とはいえ、「そんなに違うもの?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。実はこの両者の画質、見比べることができるんです。特典映像の中に収録された、テレビCM集をじっくりご覧下さい。ネガフィルムからテレシネされた映像で作られたものと、ポジフィルムからのもの、両方が収録されています。じっくり見ていただくと、きっと違いを分かっていただけるのではと思いますよ。

そして、音声については、オリジナルの劇場公開音声を5.1chドルビーデジタルサラウンドで収録したのはもちろんのこと、今回も矢口史靖監督による音声解説を収録しています。「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の時にはキャストとわいわい語り合う雰囲気のものでしたが、今回は日本初の本格的飛行機映画ということもあり、シーン毎に細かくじっくりと語っていただくべく、フジテレビの笠井信輔アナウンサーに聞き手としてご参加いただき、徹底的に映画の舞台裏の話を監督から引き出していただきました。

実は笠井アナ、今回の収録に際して、どのシーンでどんな質問をしたいかという構成台本をご自身で作成して下さいました。映画やメイキング番組などを何度も見こんだのはもちろん、劇場プログラムやプレスシート、関連書籍の数々に至るまですべてに目を通し、30ページを超えるボリュームの台本を用意してくれたのです。そのため、完成したコメンタリーは、映画制作の舞台裏から航空業界の話に至るまで、矢口監督と笠井アナがほぼノンストップで103分しゃべり続ける大充実のものになっています。収録後はお二人ともふらふらになられていたほど・・・。

そして今回は字幕でも新しい試みをしています。それは“航空用語字幕”という、矢口監督からぜひやりたいとご提案いただいたものがそれ。この映画をご覧になられた方はご存知かと思いますが、劇中では様々な航空用語が飛び交います。言葉の意味がわからなくても映画の理解には問題はないんですが、そうは言ってもその意味がわかると、より登場人物たちをめぐる状況も理解でき、一緒にハラハラできるわけです。リピート観賞時にこの字幕を表示させてみると、また違った面白さを味わっていただけるはずです。もちろん、通常の日本語字幕も収録されていますので、スピーディーなセリフのやりとりをより深く理解したいなど、いろいろ活用していただけます。

この他にも特典として、劇場特報・予告編・テレビCM集、劇場マナーCMなどを収録しています。
矢口監督作品の常として、スタンダードクラス・エディションでも、結構おなか一杯になれるはず(笑)

ということで、今回はまずはセル版のスタンダードクラス・エディションの紹介でした。
次回はDVD2枚組のビジネスクラス・エディション、その特典ディスクをご紹介します。

PS

メインメニューをしばらく見続けてると、何かが・・・?














nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

圧巻、必見、ダークナイト!|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます